読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chocolate melts with music

行ったライブメモ

Birthday Live 2017


純ちゃんバースデーライブ!
だけど純ちゃん風邪をこじらせて声が荒れ荒れ…と最初にお詫びからスタート。ご本人が一番悔しそう。でも想いの伝わる強い歌。魂の叫び。「痛々しくても曲を飛ばさない」と、セットリストを歌い切る。それもまた一つのプロ魂、というよりも戸川純魂だなと、感じましたよ。
二、三曲ごとにうがいに走りつつ。地声の高いところは辛そうだけど、低音やところどころのファルセットはきれいだったり、ウィスパーを使ったり。
「今日来てくれたお客さんには本当に申し訳ない」と何度も謝りながら、でも何よりも悔しそうで「次はちゃんと治して、きれいな声で歌うのをみて欲しい。こんなもんじゃないから!」と。今日の半券をとっておいて、次のときに何か特典を、なんてことまで(笑)。そういう前向きで気合いは十分な純ちゃんだったから、たまたま今日は喉は荒れてしまっていたけど、それでもライブが見られて嬉しかったです。


誕生日に、また一つ歳をとったからこそのロリータ108号。ファッションも今日は全身ピンクのロリータで。山口さん入ってのロリータは初めてかな?ちょっと新鮮な感じが。
そして個人的に前半のハイライトはNot Dead Lunaでした。ヤプーズで最初に好きになった曲。歌う純ちゃんの表情も良かったし、ベラさんのギターきれいだし、ドラムとベースの強さも、華やかなキーボードも良かったし、青白い月の光のような照明も良かったです。
後半では、キーが合ってて意外と声が荒れなかったさよならをおしえてとか、ラジオのようにとかも荒れの影響が少なくて良かったですね。そして、ソロデビューからずっと歌い続けていくと決めている蛹化の女と諦念プシガンガの二曲。蛹化の女はなるべくきれいな声で、初心で歌いたいと、直前うがいの効果もあり、魂の響きでした。プシガンガのほうは少し激しく歌うのもありということで、後半から激情が滾っていくような感じで良かったなぁ。荒れめであってもそれも表現の一部に取り込んでいくような。
終盤はほぼ切れ目なしで立て続けに。好き好き大好きも激しくで良かった。パンむしは言わずもがな。
「人間だもの」と純ちゃん言ってましたけど(笑)、ほんと、人間だからこういうときもある、けどそれでも全力で「戸川純」をぶつけてくる、それも純ちゃんらしいライブでした。良かった。楽しかったよ!
次回、コンディション万全のライブももちろん楽しみにしています。
お誕生日おめでとうございました!

  1. バーバラ・セクサロイド
  2. ヴィールス
  3. 肉屋のように
  4. ロリータ108号
  5. lilac
  6. 赤い戦車
  7. ギルガメッシュ
  8. Not Dead Luna
  9. フリートーキング
  10. ヒステリヤ
  11. さよならをおしえて
  12. オーロラB
  13. ラジオのように
  14. 吹けば飛ぶよな男だが
  15. 蛹化の女
  16. 諦念プシガンガ
  17. バージンブルース
  18. 好き好き大好き
  19. 母子受精
  20. 電車でGO
  21. (enc)パンク蛹化の女

「猫のテブクロ」完全再現+11 赤坂版LIVE

humanmalian


  • LAST ORDERZ

初!だよな、確か。大人パンク、高齢化パンク、楽しかった!
パンクするトモロヲさんはやっぱりカッコイイなぁ。天井に唾がつくのすごい。「年取ると唾も出なくなる」って最後の方で言ってましたけどw マイク咥えたりもしたので、「(次に出てくる)町田さんが心配です、同じマイク使うとしたら」った言ってたのが可笑しかった。

サンダーユーのドーンとやってみよう!