chocolate melts with music

行ったライブメモ

戸川純 avec おおくぼけい vol.2


前回より曲目も増えてる。
フリートーキングが新しくて良かったな。ピアノも激しくて素敵だった。
純ちゃんの声がとても澄んでいて素敵でした。
後半は何と言っても蛹化の女〜プシガンガ〜肉屋の流れか圧巻。ピアノ伴奏の少ししっとりしたプシガンガは泣けた。いつも聴いている定番中の定番曲だけど、アレンジが違うと全然違うし、ピアノ伴奏のみで歌声が引き立って、心にグッと迫る。そして肉屋は全く別の曲のよう。迫力凄すぎ。

https://twitter.com/juntogawaoffice/status/805724770306179072

カバー2曲
恋のコリーダ
さよならをおしえて
フリートーキング
また恋しちゃったのよ
プリシラ

王様の牢屋
クレオパトラ
蛹化の女
諦念プシガンガ
肉屋のように
本能の少女

バージンブルース

tour 2016「HAIKAI」


ツアー初日。シロップ初めての金沢なのかな。
始めて3曲やったところで五十嵐さんの一言目「もう疲れちゃった」(笑)「初日なので、リハいっぱいやったから…今日はいっぱいやりますんで、楽しんでいってください」という言葉通り、たっぷりやってくれてすごく良かった。
前半に新譜曲固めて来て、後半に古いの…てのは予期してたけど、そう来たかって曲もあって。新譜に近い雰囲気ある感じのを持って来たかな。あと定番というか、キラーチューン的なのももちろん良くて、盛り上がった。
新譜曲、ライブで聴くと歌詞がより響いてくるなぁ…CD聴いてあんまりピンとこないのもあったんだけど、生で聴いたらなんだか少し分かった気がしたというか。生々しさが伝わってくるというか。

中畑さんの熱さもキタダさんのクールさも良かった。二人はすごくかっこいいなぁ。
五十嵐さんはそれとは違ってて、「必死なのはかっこ悪くねえ、むしろその逆」そのものなんだな、とか改めて思ったり。絶叫混じりの歌も、苦しそうに弾くギターも、だくだくの汗も、全部絞り出してるみたいな。でも合間合間には楽しそうなところも見えるから、活動してくれて良かったって思います。

シロップのライブは、どうにも感激するというか、胸が詰まったり目頭が熱くなったりしてしまうなぁ…。途中からワーッてなって楽しくもあったけど。
ツアー最後の東京も楽しみ。

地獄の季節


旧譜がHQCDで再発された記念ということで、前半に古い曲多く。羅生門〜幽霊列車〜幻色の孤島〜人間失格 という流れがすごく良かったー!
その後も濃厚な構成と演奏で、二時間たっぷりなのにあっという間だったなー

先攻ART SCHOOL。木下理樹さん、喉ポリープできちゃってるんですって。苦しそうだった。ステロイドの薬を服用していて、その副作用で「現実とかけ離れた多幸感」に包まれてるんだってw
ともあれ、すごい久しぶりの見たART、変わらないなー。なんというか、歳を経た感じがしないね。真面目に聴いてるわけじゃないから、印象でしかないけど。


後攻、ピープルさんも、前回は先々月のアコースティックセットで、バンドセットのライブは久しぶりかな。今年最後のライブ。個人的に聴きたい曲が聴けた良いセットでした。新曲も2曲。1曲は聴いたことあったと思う。

翻訳機
聖者たち
球体
月曜日
新曲
新曲
マルタ
もう大丈夫
ニムロッド
逆光
海はセメント

来年一発めは空から降ってくる劇場編。ということで、ダイゴマンは拉致られたそうですw どこへかは来年のお楽しみにw

ジョイ!


法政大学祭的イベント。
オウガさん、学祭でも音量に容赦がないなぁ。良かった。