chocolate melts with music

行ったライブメモ

大槻ケンヂミステリ文庫「オケミス アウトサイダー・アートツアー」

f:id:chocochocochip:20190113214644j:image

ツアーの東京の日が行けないものだから大阪まで来てしまった。
オーケンの新プロジェクト、略称はオケミス。アダルトなノリで、ジャジーでファンキーなナンバーを、ミーシャさんになったような気分で歌い上げる!でもついついコール&レスポンスをしてしまう(笑)
かっこよかったー!見ておけて良かった!

アルバム収録曲に加えて、筋少、特撮、電車のセルフカバー、ヘイユーブルース、ムッシュかまやつゴロワーズという煙草を吸ったことがあるかい。筋少からは高円寺心中!レア〜。電車はお別れの背景、特撮は企画物AVの女に加えて、荒井田メルの上昇。おおっとなる曲あって良かった〜。あと中盤、オーケン弾き語りでのタンゴ。


[今日のオーケンさん]
先日、筋少ライブでファンの方からもらったたまごっちを苦労して育てているのだが、今日、大阪に持ってくるのを忘れた!(客席一斉に「あ〜〜」)
それも、キーボードのおおくぼけいさんに言われるまで忘れていて、リハ中その時が今日一の大きな声が出た。「アッ」
「アダルトなノリで自然に盛り上がって」「オケミスはコール&レスポンスとかしないの、たまごっちの話とかしないの」と言いつつ、歌の中にもちょいちょいたまごっち混ぜこんできて笑わせるw ヘイユーブルースで「たまごっちは死んじまうんだよ!」とかw

 

そういえば二夜連続のけいさまだった、と出てきたときに気づいた。メンバー紹介のとき、オーケン戸川純著「ピーポー&メー」の話で盛り上がった話を。ロリータ順子さんの章とかすごい!と話したがるが、ネタバレになるからと躊躇うオーケン。ちょっと純ちゃんのモノマネするけいさまw けいさまが純ちゃんにメールでお伺いを立てて許可が出たら、明日の岡山では話そう、ということに。

 

アンコールで出てきたとき「オケミスはぼくが岡村ちゃんくらい踊れればいいんだ」と踊ってみて疲れ切るw「あとは隣に椎名林檎さんがいれば、着物で狂ったように踊るのに」ww

戸川純 avec おおくぼけい 新春!ワンマン公演! CD発売記念ライヴ

f:id:chocochocochip:20190112224903j:image

新宿文化センター小ホールにて。今日の催し的な掲示、看板などは何もなかったので建物入り口。

いつもより広い会場、広いステージ。純ちゃんがセンターで、左側にけいさまのグランドピアノ、空いた右側のスペースでイラスト映写(一部GIFアニメ的動きもあり)もある演出でした。

純ちゃんは声量も出ていて、マイクのほうが負けてちょっと音割れするくらいで、とても良かったです。

 

蛹化の女

諦念プシガンガ

王様の牢屋

愛の讃歌

サントワマミー

肉屋のように

バージン・ブルース

クレオパトラの涙

玉姫様

富士山

ヒステリヤ

本能の少女

プリシラ愛はかげろうのように

さよならをおしえて

 

Architecture

f:id:chocochocochip:20181214220740j:image

ライブでは演らない前提で作られたアルバム「Whether Report」を、ライブバージョンで再現するというライブ。曲順やアレンジも変えて、だいぶ違う表情になった曲もあり、つなぎ部分も変化させてアルバムとは別ものになりつつ、多分ほぼまるっとやったんじゃないかな。発表当時、リリースツアーも行わず、直後のライブでも中の曲ほとんどやらなくて、でも何年かしたらやるかもねと言っていたのが、その時がきたのだなぁと感慨深い。ライブで聴くの初めての曲も多いし。

本編MCなし、アンコールのときの挨拶で「こんなストイックなライブもなかなかない」と波多野くん言っていたけど、お客さんも真剣に集中して聴いている感じだった。体感あっという間だったなぁ。アンコールも新曲のみ3曲で、何度か聴いた曲もあるとはいえ、まだ集中が必要で、カタルシスとか全然なかった(笑)さすがは波多野プロデュース…

2ヶ月前のダイゴマンデーでもやった、波多野くん健ちゃんもドラムを叩く「大陸」がまた見れて、今回健ちゃんがよく見えて良かった。しっかり叩いてた。

f:id:chocochocochip:20181213222518j:image

 

Vampillia 1曲)

lilac

わたしが鳴こうホトトギス

バーバラ・セクサロイド

肉屋のように

Not Dead Luna

怪獣

(純ちゃん休憩、Vampillia3曲)

ギルガメッシュ

玉姫様

蛹化の女

12階の一番奥

Men’s Junan

赤い戦車

諦念プシガンガ

(アンコール)

怒涛の恋愛

好き好き大好き

諦念プシガンガ